So-net無料ブログ作成

祝『天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトとPART1』が先日発売となりました^(SF) [小説]

12月18日、待ちに待った『天冥の標』の最新刊が刊行れました。

少し前までは1年に2巻出ていたのですが、去年出版予定が遅れてから刊行スパンが長くなり早や1年、待っていた最新刊がやっと発売となりました^


全体の概略などは 前回記事を参照(クリックするとここからでも前回記事へ飛びます^)頂ければと思いますが、そろそろ話しも終盤にさしかかっていて私的には早くつづきを!とやきもきしていたので、本当にやっと出たという感じです^

九巻目となる本作品、ストーリーはネタバレとなるため記載出来ません(そもそもまだ読んでません^)が、裏表紙にあるイントロダクションを見る限り、植民地メニー・メニー・シープの生い立ちが分かる内容になっているようです。(あえて植民惑星ではなく植民地としていますが、今までの刊行物を読まれた方は意味がわかりますよね^)

タイトルの『ヒトであるヒトとないヒトと』の意味も気になるところですが、これから楽しみながらゆっくり読んで行きたいと思います。

14504705809921.jpg

尚、帯には9巻目の前編と書いてあったため9巻は2冊になる予定のようです。ただし今回の刊行物が『上』や『前編』ではなく、『PART1』となっているため、まだ2冊に収まるか分からないといったところでしょうか。作者の気持ちが伝わってきます。

帯に書いてあることはあくまで予定なので、もしかすると9巻目は3部作になるかもしれませんね。


スポンサーリンク



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。