So-net無料ブログ作成

折紙で龍と蛇を折ってみました(折紙) [折紙]

折紙ネタ、干支シリーズもあと4つ。色々な作家さんの作品を織り交ぜ折って来ましたが、今回は龍と蛇です。とちらもにょろにょろ系ですね^
先ずは龍です。これも何回か登場している前川淳さん創作の作品です。

龍(Eastern Dragon)

s_dragon4.jpg

s_dragon1.jpg

創作者:前川淳
紙:100均150mm四方
不切正方形一枚

 ※もし掲載に問題がある場合は、お手数ですがご連絡いただければと思います。

全体のフォルムや角など、よく漫画に出てくる龍そっくりです。構造もそれほど難しくなく、よくここまで表現出来るものだと感心させられます。

ここからは余談ですが、龍の折紙と言えば有名なのが、『神谷哲史』さんの『龍神』です。ご興味がある方は調べてみて下さい。
現時点で最も難しい折紙に分類される作品ではないかと思いますが、3~4m四方の紙を使って折るそうです。鱗の数だけでも1200枚...これを1枚の紙から折りだすというから驚きです。

本当はこれにもチャレンジしてみたいのですが、こんな作品を折り始めたら数年間、他に何もできなくなりそうなので、暫くは他の人が折ったものを眺めるだけにしておきます^


次は蛇です。

蛇 ※コブラ

s_snake1.jpg

s_snake2.jpg

創作者:池田浩貴
紙:100均150mm四方
不切正方形一枚

 ※もし掲載に問題がある場合は、お手数ですがご連絡いただければと思います。


蛇ってそれらしく形にするのは意外と難しいんですよね。にょろっと1本の紐のような構造なので、紙を縦長に畳んでいけば蛇と言えないこともないのですが、何の面白みもない作品が出来上がります。
この作品が凄いのは、このようにオリジナリティを出しづらい蛇の折紙なのに、コブラというテーマを選び、お腹の模様や舌などうまく表現されている所です。

この作品も1枚の紙を切らずに折りだしています。すごいです。

さあ、干支も残すは馬と羊だけになりました。残り2つ頑張って揃えてみます^


スポンサーリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。